検索
  • Yuko Nagai

「I pray」

最終更新: 2019年8月12日

1763年にフランスで出版された『寛容論』。

フランスの哲学者、文学者、歴史家であるヴォルテールが、ある冤罪事件をもとに宗教的寛容を訴えるべく筆を執ったのが、 この『寛容論』。

この中でヴォルテールがしたためた、ある文章に私は衝撃を受けました。

これぞまさしく「祈り」だと。これ以上もこれ以下もない、完璧な祈りの言葉が、そこにはありました。

私は、ずっとずっと昔から、きっと生まれる前から、この祈りを探していたと思います。


『寛容論』(1763年、フランス、著者ヴォルテール)より。

「私が訴えるのは、もはや人類に対してではなく、それはあらゆる存在、あらゆる世界、あらゆる時代の神であられるあなたに向かってである。

なにとぞ、われわれの本性と切り離し得ない過ちの数々を、哀れみをもってご覧くださいますよう。 これらの過ちがわれわれの難儀のもとになりませぬよう。

あなたはお互いに憎しみ合えとて、心を、またお互いに殺し合えとて、手を、われわれにお授けになったのではございません。 苦しい、つかの間の人生の重荷に耐えられるように、われわれがお互い同士助け合うよう、お計らいください。

すべて滑稽なわれわれの慣習、それぞれ不備なわれわれの法律、それぞればかげているわれわれの見解、われわれの目には違いがあるように思えても、あなたの目から見れば、なんら変わるところのない、われわれ各人の状態、それらの間にあるささやかな相違が、また「人間」と呼ばれる微小な存在に区別をつけている、こうした一切のささやかな微妙な差が、憎悪と迫害の口火にならぬよう、お計らいください。

すべて人は兄弟であるのを、みんなが思い出さんことを。」

----------------------------------


「I pray」

作詞・作曲/永井優子

編曲/Cross-section


私のために祈りたいわけではないのです

叶えたい願い事があるわけでもないのです

uh yeah uh yeah uh yeah

世界の果てで 蝶が羽ばたいても 知る由もない ah

その虚しさを 受け止め合えるように uh yeah

I pray


あなたのために祈りたいわけではないのです

訴えたい世迷言があるわけでもないのです

重い荷物を 背負ったままで おろすわけにはいかない

このわざわいに 手を貸し合えるように uh yeah

I pray


ずっと探していた祈りは 何百年も前に届けられていて

今、出会うまでのこの時間差は なんて狂おしいのでしょう


#Cross-section

#I pray

#寛容論

#ヴォルテール

0回の閲覧