検索
  • Yuko Nagai

金の鳥

最終更新: 2019年8月12日

『人は誰でも生まれてきたからには、何か役割を持って生まれてきているのだよ。』

「いや、そんな風にはとても思えない。自分なんて取るに足りない人間、居てもいなくてもいい存在だ。」

『確かに、そんな気持ちになったことが誰でも一度はあるだろう。しかし、それは本当に正しいかい? では、この自然界の中に無駄なものはあると思うかい?』

「うーん、ない…。」

『そうだね。自然はいつも完璧だ。そして人間もこの自然界の一部だよね。自然界の一部である人間に、無駄な人間などいるだろうか?』

「人間もこの自然界の一部…。」

『この自然界に生まれてきたということは、必ず意味があるのだよ。一人残らず何か役割を持っているのだよ。』

「役割…。」

『そう。その役割に気付き、そのために考えたこと、行動したことは、もし今すぐに気付いてもらえなかったとしても、きっと未来の誰かに、未来の何かに繋がる。消えることはないのだよ。

(だから、たとえ死ぬ瞬間まで気付いてもらえなくとも、迷わずそのまま逝きなさい…。)』


-----------------------------------

「金の鳥」

作詞・作曲/永井優子

編曲/Cross-section


しずむ体 起こして

仰ぎ見れば空からは

見たこともない花道

遠く銀河へ続くよ


星さえ七色になる

君の足元照らすよ

一度も振り返らずに

そのまま歩きなさい


君が残した足跡

誰がかき消すものか

例え嵐が起きても

そこに群がる金の鳥


星さえ七色になる

君の足元照らすよ

一度も振り返らずに

そのまま歩きなさい

君が残した足跡

誰がかき消すものか

例え嵐が起きても

そこに群がる金の鳥

そこに群がる金の鳥

そこに群がる金の鳥


#金の鳥

#Cross-section


8回の閲覧