検索
  • Yuko Nagai

心の雨が降り止まない

最終更新: 2019年8月12日

夜中にはっと目が覚める。

誰かに怒鳴られたような気がして、暗闇の中で目を開けたまま、しばらく動けない。

誰にも言えない秘密を抱え、人間として許されないことをたくらんでいるからだろうか。

昼間の太陽は、こんな僕にも優しい光を降り注いでくれる。

僕にはその眩しさが痛い。

こんな生活が長く続くと、喜怒哀楽が失われていく。

人間としてのありとあらゆる感情を飲み込み過ぎたのだ。

涙を流して泣ければ、

飲み込んだものが少しは吐き出せて楽になれるのではないかと思うが、

涙も枯れ果てていっこうに泣けない。

心の中は大雨のように泣いているのに。

でも、この生き方から逃れるわけにはいかない。

約束が、約束があるから…。


------------------------------


「心の雨が降り止まない」

作詞・作曲/永井優子

編曲/Cross-section


うすい毛布にくるまって 真昼の太陽を見上げた

眩しくて柔らかい 太陽は僕を突き刺した

出し抜けに首根っこつかまれて

大きな口の神様に 何か 何か怒鳴られるかもしれない


でも 僕には聞こえない

もう 僕には届かない


心の雨が降り止まない

しとしと しとしと 音がする

涙は一滴も出ないのに uh 

みぞおちから いつまでも いつまでも…


携帯電話が鳴っている 誰からの電話かも確かめず

震える僕の携帯を横目で眺めてる


でも 僕は声が出ない

もう 僕は吐き出せない


心の雨が降り止まない

しとしと しとしと 音がする

涙は一滴も出ないのに uh 

みぞおちから いつまでも いつまでも…


迷える子羊みたいに 泣けたらいいのに

月に魅せられた狼を 止めるのは誰だ


心の雨が降り止まない

涙は一滴も出ないのに uh 

みぞおちから いつまでも いつまでも…








#心の雨が降り止まない

#Cross-section

23回の閲覧