検索
  • Yuko Nagai

レモンとライム

最終更新: 2019年8月12日

あの子が死んでから、もう何年も経つ。

人の死って、こんなに実感のないものなのか。

あんなに大切だった、僕のかけがえのないあの子が、いなくなったんだ。

僕の人生においてこんなに重大な事件はない。

なのに、いまだに信じられないんだ。実感がわかないんだ。

あの子が死んだって、何も変わらずに朝が来て、何も変わらず街が動き出す。

僕はお腹もすくし、眠くもなるんだ。

ほんとにあの子は死んだの?ほんとにもういないの?

ここは夢の中なんじゃないの?

今でも信じられないよ。


-------------------------------


「レモンとライム」

作詞・作曲/永井優子

編曲/Cross-section


レモンとライムをしぼって

ソーダに入れて君にあげるよ


気分はどうだい

僕はなんてことない

なんてことないよ


それは遠い昔

君の命が燃えた夏の日

暑かった夏の日

燃えた火の粉

今年もよく帰ってきてくれたね

ゆらりほたる


季節はめぐる もう秋だね

空見上げてシャツを羽織るよ

気分はどうだい

僕はなんてことない

なんてことないよ


ここは東京

君の声が聴こえる街だね

賑やかな街だね

向かい風が僕の体をすり抜けてゆく

ふわりふわりなびく


吐く息が白い そう冬だね

相変わらず君を想うよ

春になったらまた夏が来るよ

なんてことないよ


思い出すよ 君と飲んだソーダ水の味

レモンとライムの

燃えた火の粉 燃えた命

暑かった夏の日 暑かった夏の日


レモンとライムをしぼって

ソーダに入れて一緒に飲もう


#レモンとライム

#Cross-section

24回の閲覧